2020年 龍之介ちゃんが難関校を目指す

難関校コースに所属する志望校未定の小6。算数が苦手で、物語文は得意です。

まとめのテスト結果

もちろん、不合格でした。

(ーωー)

合格最低点は本番くらいの設定で、受かった人は上位20%もいなかったようです。

 

不合格ではあったものの、このテストから随分収穫がありました。

まず、国語と社会は龍之介ちゃんの力が通用するとわかり、さらなる自信に繋がりました。

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「国語と社会、ノー勉だったのにすごくできた。」

 

o(*≧∇≦)ノ←お母さん

「記述特訓に行けば、まだまだ点が取れそうね。」

 

一番心配だった算数は、

あってはならない大問1の計算を間違えていましたがそれでも20点を超えていました。それがなければ、30点近くありました。計算間違いも実力のうちではありますが、大変な進歩です。

 

( ̄ー+ ̄)←数学塾の先生

「龍ちゃん、計算間違えたらあかんやん。」

 

計算間違いに先生はお怒りでしたが、かなり点がとれるようになったことにお母さんは大満足です。数学塾にお任せして正解でした。2月までまだ時間があるので、最後はもっと点が取れそうです。

 

そして残る科目は理科ですが、これが大問題でした。


f:id:natsunatsuw:20190819153255j:image

理科の過去問はお母さんと一緒に10年分解いてから、まとめのテストに挑みました。出題傾向はすっかりわかっていたはずなのに、全く点に結びつきませんでした。あらためて、理科の基礎ができていないことに気づかされました。

 

幼少時代は、毎月必ずどこかの科学館に行くようにしていました。動物園にも水族館にも足を運びました。5月ごろから毎週川で遊び、暑くなるとそれが海に変わりました。年に二回の昆虫採集の集いには必ず参加して、毎週NHKの『ダーウィンが来た』を見ていました。

家でも、メダカ、ハムスター、カブトムシ、イモリなどを飼育し、ヘビを預かったこともあります。

(ーー;)←お母さん

「お母さんの苦労はなんだったんだろう。どうして、あんなに科学館に行っていたのに龍之介ちゃんは、理科ができないんだろう。」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「いつも、科学館は面倒だなって思っていた。早く帰りたかったから、あまり見ていなかったんだろうね。」

 

!Σ( ̄□ ̄;)が~ん!←お母さん

「馬を水際まで連れていくことはできても、水を飲ませることはできない。ってこのことか…」

 

今さら実験教室に放り込むべきか?理科の家庭教師を雇おうか??悩んでいます。

とりあえず、車に理科の資料集を置いて、リビングに『子どもの科学』を置いてみました。

案の定、龍之介ちゃんは見向きもしません。

 

(>ω<。)←お母さん

「水際まで連れて行っているのに!」

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

併願校を話し合う

 

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「もし本当に麻布を受けるつもりなんだったら、

2日は☆☆か::、

3日は~を受けてもらうから。

さらに、いずれかの午後に##を受けてもらうからね?」

 

Σ( ̄ロ ̄lll)

「か…3日の海城は?」


f:id:natsunatsuw:20190816215917j:image

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「え?3日の海城は、偏差値が60だったよね?龍之介が受かるとでも思っているの?海城をどうしても受けたいんだったら、1日に受けることだね。」

 

(ーー;)←お母さん

「お母さんが何回海城に行ったと思っているのよ?海城を1日か3日に受けたいわよ!

1月に散々受験してお金も入れて行ける学校を用意しておくのに、2日チャレンジなし。3日安全校。午後受験に関していえば超安全校…」

 

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「1日は麻布を受けるんでしょ?2日と3日と午後は慎重にいかないと!」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「いや、そんなに受からなくてもいいのよ…行きたい学校にだけ受かればいいの。お母さんだったら、一月校で行きたい学校が取れたのなら…

 1日 麻布

 2日 ☆☆

 3日 海城

午後受験なし!でいいわよ?」

 

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「えー!午後受験はいるだろ?それに、この場合は4日もまだ受けるべきだよ。」

 

( ・`ω・´)←お母さん

「じゃあ、もういっそどこにも受からなくてもいいから乱れうちで、

 1日 麻布

 2日 聖光

 3日 海城

 4日 聖光

 5日 渋渋とか、どうよ?」

 

Σ(๑¯∇¯๑lll)←お父さん

「全部、記念受験!」

 

( ・`ω・´)←お母さん

「もしかしたら、どれか受かるかもしれないじゃない!」

 

(๑¯∇¯๑;)←お父さん

「いや、全滅だろ。」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「そうね。厳しいわね。この並びは…

悩むわ。併願校…」

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

夏のまとめのテスト対策

来週、麻布のまとめのテストがあります。

 

お母さんは、昼のうちに理科の過去問を解いておいて、夜に龍之介ちゃんとそれを解いています。

また算数では、絶対に正解しておきたい問題の解法を事前に見ておいて、夜にそれを解いています。

とにかく、まとめのテストに向けて二人でがんばっているのです。

 

ここ何日か集団塾はお盆休みですが、数学塾は開いているので、数学塾の先生にもまとめのテストに向けての算数特訓をお願いしていました。

 

そして、数学塾に迎えにいくと…

 

( ̄ー+ ̄)←数学塾の先生

「今日は、ラサールの過去問をやっておきました。」

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←お母さん

「え?ラサール?」

 

( ̄ー+ ̄)←数学塾の先生

「そ。ラサール。

ね?龍ちゃん!」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「はい。

ラサールの算数がだいぶ解けるようになってきて嬉しい!」

 

( ̄ー+ ̄)←数学塾の先生

「ほんまやね。やっと、ちょっと解けるようになってきたわ。ラサールが。」

 

(o゚□゚)o←お母さんの心の声

いやいやいやいやいやいや…

違うよ?ラサール違う!来週あるのは、麻布!…麻布のそっくり模試よ?

↑声になっていない

 

先生がなぜ今、ラサールの算数の過去問をやらせているのか全く理解できませんでした。


f:id:natsunatsuw:20190814080407j:image

ところが、家に帰って龍之介ちゃんに麻布の過去問の標準レベルのものを解かせてみると、

 

!Σ( ̄□ ̄;)←お母さん

「少しだけできるようになっている!なぜ?」

 

そして、昼に数学塾で解いてきたラサールの過去問をみてみると、麻布の過去問に頻出単元のラサールの過去問を解いていたようです。同じ単元と言っても、ラサールの問題は文章が複雑ではなく、答えも分数ではないスマートな問題でした。

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「先生、考えたな。」

 

 

 

龍之介ちゃんは来週、ラサールの過去問で麻布そっくり模試の算数を何点取ることができるのでしょうか…

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

麻布の過去問を解いてみて

龍之介ちゃんの麻布の理科がいまいちなので、その理由を解明すべくお母さんが理科の過去問を解いてみました。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←お母さん

これは科学ものの説明文だわ!

 

麻布の国語は物語文しかありませんが、理科が説明文になっていたのです。

文章をよく読めば答えがわかるようなものが多く、読解力が問われる理科でした。いわゆる典型的な理科の計算問題ではなく、みたこともない計算を文章の通りにすれば答えを導き出せる問題や、グラフを元に自分の知識と合わせて考えて答える問題などもありました。塾で覚えてきたことは聞いてもらえません。

 

(ーー;)←お母さん

社会も気になってきた…

 

ついつい、社会も解いてしまいました。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←お母さん

なんじゃ、これ。

 

今まで塾で勉強してきたことや、毎晩寝る前に覚えてきたことなど、何一つ聞いてくれません。

いや、一つ二つは聞いてくれますが、そんな小さなことよりも、何かもっと大きなことを聞かれているような気がしました。

 

知り合いに、全ての学校に落ちて麻布だけに受かった人がいるのですが、なぜだかわかった気がしました。


f:id:natsunatsuw:20190812083716j:image

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「麻布の過去問は感覚で解いている。」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「それな。」

 

感覚で解くという言葉が妙にしっくりきました。

もし対策をするならば、朝から晩まで塾にいくのではなく、科学ものの読み物を図書館で読んで、毎日ニュースを見て新聞を読んで、休憩時間に物語文を読んだ方が受かるのではないか?

塾での勉強は、算数だけでよいのではないか?と感じました。

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

朝から晩まで塾で詰め込んでいるけれど、麻布を目指すのなら図書館に行くべきではないだろうか…

 

 

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「いってきまーす!」

 

龍之介ちゃんは、今日も朝から晩まで塾に詰め込みに行くのでした。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

映像授業を買う

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「麻布の過去問解説の映像授業を買ってほしい」

 

( ・`ω・´)←お母さん

「そんなのいりません!」

 

以前、龍之介ちゃんがYouTubeを見ていたら、過去問解説の映像授業お試し動画にたどり着いたようです。その時も買ってほしいと言われましたが、当時は麻布コースにいたので、必要ないと思っていました。


f:id:natsunatsuw:20190810130301j:image

最近、またそのお試し動画にたどり着いたようです。

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「やっぱりこれ買ってほしい!」

 

(ーー;)←お母さん

「また、たどり着いたか…」

 

親子でなんとなくお試し動画をみていたら、お母さんの心を掴むフレーズが目に飛び込んできました。

 

『お通いの塾に対策講座がなくても、これがあれば大丈夫🎵』

 

Σ( ̄ロ ̄lll)←お母さん

「対策講座はあるのだけどそこに入れないのよ。そこに入りたいからそっくり模試でいい点が取りたいの。買うなら今だわ!」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「うん!毎日見るから!」

 

ヾ(>ω<。)ポチ!←お母さん

「えい!」

 

少し高いとは思いましたが、お母さんは勢いで買ってしまいました。

過去問解説はわかりやすく、親向けの映像もあり、よくできたものだと思います。特に、親では全く歯が立たない麻布の算数を丁寧に解説してくれるので助かっています。

 

ただ…

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「毎日見るんじゃなかったの?」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「あ…見るの忘れていた。」

 

勉強時間に組み込まないと見ないようです。

(ーー;)

高かったのに…

自らガツガツ見てほしいわ。

 

 

さらに…

 

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「あれ?何?この映像…」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「あ…映像授業を買ったのよ」

 

(๑¯∇¯๑)←お父さん

「ふ~ん。」

↑おそらく、三千円くらいだと思っている。

 

お父さんに三千円ではないことが、バレやしないかハラハラしています。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

そっくり模試に向けて

夏のまとめのテストは、本人のたっての希望で麻布を受けることになりました。

そのテストは夏の最後にあります。他塾のそっくり模試も夏の最後にあります。そして、学校別オープンは秋の初めに…

ここから、連続三回も麻布そっくり模試が続くのです。

 

( ・`ω・´)←お母さん

「ここは、なんとしても一回くらいマシな成績を取りたい!なんとしても!」

 

お母さんは、マシな結果を出す作戦を考えました。

麻布のテストは例年、4科で100点くらいあれば受かります。

龍之介ちゃんが取ることができるかもしれない100点のバランスを考えてみました。

 

算数15点

国語40点

理科20点

社会25点

合計100点

 

o(*≧∇≦)ノ←お母さん

「これだ!国語で40点とれば、算数が15点でも受かるわ!」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「算数15点なら、取れそうだね!」

 

試しに春のまとめのテストをもう一度やってみることにしました。すると、春には2問しかできなくて9点だった算数で、3問正解することができ点数は14点に上がりました。

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「おしい!あと1点…」

 

あと1点は死にもの狂いで過去問をやって捻出しようかと考えましたが、昨日、数学塾で賢い中学生の先輩がこう言ったそうです。

 

( o ̄▽ ̄)o←賢い中学生の先輩

「昔、開成そっくり模試の直前に過去問を6年分やったんだよ。いざ当日になってそっくり模試を始めてみたら、思っていたものと問題が違うんだよ。頭の中は過去問でいっぱいでさ、あまりよい結果に繋がらなかったよ。

そっくり模試の前に過去問をやり込むのはやめておいた方がいいよ?」

 

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「…らしいわ。」 

 

(>ω<。)←お母さん

「じゃあ、どうやって対策するのよ!」


f:id:natsunatsuw:20190808073014j:image

そのあと、国語の過去問も解いてみました。

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「31点だった。」

 

(>ω<。)←お母さん

「そこは41点取らないと!」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「…。」

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

他塾の麻布コース

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「公開、できた!」

 

(  ̄▽ ̄)←お母さん

「きっと今度こそうまくいくわよ。成績が上がったら、一回ゆっくりしようね?」

 

公開模試で、次こそは麻布コースの資格偏差値を取りたい!と考えていました。

そして、できたはずの公開模試が返ってきましたが、成績は極めて普通でした。

 

(ーー;)(ㆆ_ㆆ;)

「どれも別に悪くはないけど、とりたててよくもない。この成績では麻布コースに入れないわ。」

 

(ーー;)←お母さん

「夏のまとめのテストで麻布を受けるのはもうやめようか。」

 

(ㆆ_ㆆ)←龍之介ちゃん

「いやだ!受ける!受かるかもしれないじゃない!」

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「…。」

 

お母さんは、その日眠れませんでした。


f:id:natsunatsuw:20190807003909j:image

次の日、逆転合格した友人に相談してみました。

 

(; ̄ー ̄A←お母さん

「自塾の麻布コースには入れないんだけど、他塾の麻布コースに入ってまで麻布を目指すとか、どう思う?」

 

( ・`ω・´)←逆転合格したママ

「底辺や深海魚になる覚悟はある?ギリギリで入ったら苦労するわよ?その覚悟があるならやってみてもいいと思う!

戦える土俵に乗せてやればいいじゃん!入れる特訓なら、どこだっていいと思う!

NNでもSSでも、1組からが一番受かるのは確かよ?でも、4組からでも合格はいたわ。

私は息子が行きたい学校を受けさせてやりたかっただけ。受かるなんて思ってもいなかった。受からなくても2月に受けるところまではたどり着かせてやりたかったの。」

 

(>ω<。)←お母さん

「そうなんだよ!最後まで志望校を受けさせてやりたいだけなんだよね。」

 

( ・`ω・´)←逆転合格したママ

「他塾の特訓、受けてみなよ?やるだけやれば、いいじゃん!でも、麻布がダメでも、ここならって学校は用意しておかなくちゃダメだよ?」

 

お母さんは、逆転合格したママにいろいろ聞いて勇気が出ました。

他塾の麻布コースの特訓を受けに行こうかと思っています!

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村